ロードスターおすすめメンテナンス


おすすめメンテナンスベスト5

2012.2月集計

1位 クラッチレリーズオーバーホール
2位 ラジエーター交換
3位 パワーウィンドウオーバーホール
4位 ブレーキオーバーホール
5位 プラグ、プラグコード交換


クラッチレリーズシリンダーオーバーホールO/H

クラッチレリーズシリンダーオーバーホールO/Hロードスターのクラッチ関係の部品は、クラッチディスク、パイロットベアリング、クラッチカバー、レリーズベアリングの4部品が10万キロ走行を目処に交換する部品となっております。

その周期より交換時期がはやく訪れるクラッチ関連箇所がロードスターにはあります。
それはクラッチレリーズシリンダーです。

>> 詳しく見る


ラジエーター交換

ラヂエータ交換(ラジエーター)ロードスターのラヂエータタンクは樹脂製です。

この樹脂製のアッパータンク部分ですが、ラヂエータが劣化してくると、最初黒い色をしていたタンクが、徐々に色が薄くなっていきます。

>> 詳しく見る


ブレーキオーバーホール O/H

ブレーキオーバーホール O/Hロードスターは「走る」「曲がる」「止まる」がバランスの取れた、本当に楽しい車です。

しかし、この中で「止まる」の部分のブレーキ、特にですがリアキャリパーがとてもデリケートな箇所で、固着などのトラブルがよく起こる箇所です。

>> 詳しく見る


パワーウィンドーオーバーホール

NA型ロードスターの悩みの種の一つ。特に冬時期、寒くなると不調になる車が多いです。パワーウィンドウの動作不良が起きやすくなります。
上下動の動きが鈍くなったり、途中で止まったり、最悪は、動かなかったり・・・。

人力サポートで下げる動作を手伝ったりすると、ワイヤーは簡単に切れてしまい
ます。

迷わずオーバーホールしましょう!

>> 詳しく見る


プラグ、プラグコード交換

プラグ・プラグコード交換シンプルな構造を持つエンジン、特にB6/BPエンジンはその典型と言っても良いと思います。ガソリンエンジンの3原則「良い混合気、良い圧縮、良い火花」がピッタリと当てはまります。

この中の「良い火花」については、とても手軽に交換出来るパーツです。
プラグを換えただけで走りは見違えるように蘇ります。

>> 詳しく見る